尿結石で病気がちな猫を自然療法で健康に? 猫との暮らしや自然療法について月の輪猫語り
月の輪猫草子
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ

水分補給を忘れずに・・・
2008-11-23-Sun  CATEGORY: 猫の体

ここのところ忙しくて
黒猫王子に注意がいっていませんでした。

あんまり食べてないなぁ、
ウンチの回数減ったなぁ、
水飲んでる姿見ないなぁ。


とぼんやり思っていたのですが、
意識の上の方までにはのぼっていませんでした。

そしたら!
昨日、持病が出て、おしっこがつまってしまいました。

何度も何度もトイレに行く黒猫王子。
いつもの可愛い声とは違う
「うおぉ」という声で鳴きます。

病院へ行ったら、砂がいつもの3倍ほどつまっていたそう。
だけど、pHは6.5と普通
他も問題がないそう。

先生曰く、濃度が問題だそうです。
水分をあまりとっていなかったので、
おしっこが濃くなって、砂ができたようです。
便秘も水分不足から・・・。

どんな時もちゃんと気にかけてあげなくてはと反省!

病院での治療が相当痛かったらしく、
お尻を必死で遠ざけようとしていた姿、
かわいそうだけどおかしくて、
病院のスタッフの方と笑ってしまいました。

ごめんね、黒猫王子。
ひどいニャ・・・

冬場は水分が不足しがちになります。
水分をとることに加え、
お部屋の加湿もオススメだそうです。



<本日の黒猫ご飯>
なまり節、野菜入りおじやベース
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント4

マジカルな果物の種♪
2007-04-15-Sun  CATEGORY: 猫の体

今日は、個人的に嬉しかったお話を(*^^*)

実は黒猫王子、去年の7月からずーっと
おしっこの調子が悪かったのです。
膀胱炎を起こし、トイレで何分もしゃがみこんでいました。
薬を飲むと一旦はおさまるのですが、
数日たつと、また小さなおしっこの塊がトイレの中に・・・(TT)
少しずつしか出ないので、塊が小さいのです。

通っている近所の獣医さんは、対処療法しかしてくださらず
(緊急時には大変助かったので、感謝はしています)、
もっと根本的になんとかしたい・・・と、毎日の様に頭を悩ませていました。

ビタミンCを山ほど入れても、
クランベリーをご飯に混ぜても、
レバーをたくさん食べさせても、
ちっともよくなりません。

知人の獣医さんに相談すると、
こんなに繰り返すのだったらきちんと調べた方がいいかも・・・と言われたので、
大学病院を紹介してもらうつもりでいました。

ところが・・・!

1月12日を最後に、大丈夫になったのです。
そして、今日現在までまったく問題なし♪
トイレには大きな塊(ウンチではありませんよがあり、
黒猫王子も、トイレからさっさと出てきます
黒猫のいないトイレ・・・


一体、何が?

思い当たったのが、果物の種のサプリ
1月の半ばから、このサプリをご飯に混ぜ始めていたのです。
黒猫王子が大丈夫になったのは、それから・・・。

マジカルパウダー

この果物の種のサプリは、
炎症を抑えたり、を殺す効果があると言われています。
スタッフだから言うのではなく、本当にこれ、いいです!

もちろん、すべての膀胱炎結石の猫に効くわけではありません。
原因もそれぞれ違うでしょうし、個体差もあるからです。
だけど、黒猫王子と同じようなケースだったら、
効果が出る可能性はあると思います。

黒猫王子、おしっこの調子がよくなってから
少し太りました(*^^*)
太っちゃった・・・

ぼく、黒豚さんにニャっていませんか・・・



<本日の黒猫ご飯>
鶏胸肉、心臓つきレバー、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、おじやベース、カボチャ、果物の種、花粉、フィッシュオイル


ページトップへ  トラックバック0 コメント10

猫又疑惑?
2006-01-14-Sat  CATEGORY: 猫の体

なぜ日本猫には、しっぽの短い猫が多いのでしょうか?

最近はそうでもないですが、昔は短い方が多かったようです。
これには猫又の存在が関係していたようなのです。

猫又は、古くから言い伝えられている日本の妖怪で、歳をとった飼い猫がなるとされています。
しっぽの先がふたつに分かれ猫又となった猫は、飼い主を喰らって化けるそうです。怖いですね~(^^;)

もし、黒猫王子が猫又になったら・・・。
でも、黒猫王子にはその心配(?)はありません。
なぜでしょう?
それは!
       ・
       ・
       ・

みじかいのか・・・


     ↑
しっぽがこんなのだからです(*^^*)
しっぽが短い猫は猫又にならないと思われていたようです。
猫又になるのは、しっぽが普通の猫だけ。しっぽが短いと、分かれようがないですものね(^^;)
しっぽが普通の猫は猫又になる、と嫌われたため、少なくなったそうです。

一方、魔女狩りが行われていた中世ヨーロッパでは、猫は魔女の手先とされ、一緒に迫害を受けました。これにより猫が減り、ねずみが増え、ペストが大流行してしまったそうです。

歴史って興味深いですね。
黒猫王子のしっぽを見ながら、ふと、そんなお話を思い出してしまいました。

みじかくても、いいのにゃ


<本日の黒猫ご飯>
馬肉、馬肺、ブロッコリー、フラックスオイル、カルシウム、ビタミンC、消化酵素、クランベリー粉末、その他
ページトップへ  トラックバック0 コメント15

猫とバイオリン
2005-12-22-Thu  CATEGORY: 猫の体
先日、コンサートへ行ってきました。
ピアノの羽田健太郎さん、指揮の現田茂夫さん、ソプラノの大岩千穂さん、新日本フィルハーモニー、すべてが素晴らしく、最高に楽しいひと時でした。
帰り道、頭の中では花のワルツが♪

実は、家でバイオリンを弾くことがあります。
腕の方は・・・・・・・・・・・・・・・・・。触れないでください。
violin


バイオリンは、意外に大きな音がします。特に高音。響く響く。
でもそんな中、黒猫王子をちらりん・・・と見ると、嫌がりもせず真横でぐっすりとお昼寝。
zzz

高音をキィーキィー鳴らしても、へっちゃら。

猫は、人間よりも、更には犬よりも抜群の聴力を持っていると言われています。
聴神経、人間3万本、猫4万本!
聞き取ることができる周波数の上限なんて、
人間は20,000Hzなのに、猫は60,000Hzと言われています。
3倍ですよ、3倍!
ちなみに人間の会話は、大体200-4,000Hzだそうです。
高周波のバイオリンの音が、人間にとってはキィーキィー音でも、猫にとっては、ごくごく普通の領域の音なのでしょうか。
まぁ、好き嫌いは個体差なのだと思いますが・・・。
ネズミは、20,000-40,000Hzで鳴きます。人間には聞こえなくても、猫にはネズミのキィーキィーが聞こえるようです。

猫って、音なし口パクで鳴くことがありますよね。
それも、とっても可愛い顔で♥♥。
声出てないよー、可愛いにゃー♥なんて言っていたのですが、どうやら違うようです。
人間が聞き取れない高音で鳴いているらしい。
それを知った時、何やら裏切られたような気持ちがしたのでした。
ページトップへ  トラックバック0 コメント6

<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 月の輪猫草子. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。